開発の経緯

戸建プラン・アイデアブックは”増え続けます”

“住宅提案の初期段階では失注の可能性も高く、話が進んでも変更することが殆どであるため、
「資料を作り込むのは後回しにしている」、「あまり労力をかけたくない」
でも、受注を取るためには初期段階の印象が大切だと分かっている…”

戸建プラン・アイデアブックを開発した経緯について「本当に施主を想い、良い家を作る建築会社が、競合他社との受注競争で勝つためのツールを作りたい」
その答えの一つがこの戸建プラン・アイデア ブックでした。
家は人生最大の買い物と言われます。それだけに施主の立場から考えると購入を慎重にならざるを得ません。しかし施主は注文住宅を買うときに、最終的に住むことになる実物の家を事前に見ることが出来ない為、渡される資料やプレゼンの内容で建築会社を選んだり、契約を決めることになります。本来、施主が欲しいのは良い家そのものであり、プレゼン資料ではないはずです。しかし、判断材料として提供されるパンフレットやプレゼンボード等のプレゼン資料、プレゼンツールに多くのコスト(費用・労力・時間)を投じていたり、資料作りの技術に長けた会社が比較的選ばれやすいことを考えると、住宅の受注を取るためには、良い家を作る技術に加え、良い提案資料の作成が出来る必要があることが分かります。実際に私たちは、本当に施主を想い、良い家を作る建築会社が、提案資料一つで競合他社との受注競争に負けてしまう場面を何度も見てきました。施主の印象に残るしっかりした資料作りには時間と労力とが必要だと思います。特に住宅提案の初期段階では失注の可能性も高く、もし話が進んでも施主の要望や土地の条件でプランを変更することが殆どであるため、「図面や仕様を作り込むのは契約に向けて話が進みそうな状態になってから」と考え、打ち合わせの初期段階でプレゼン資料の作成にあまり労力をかけたくない…そんな本音を教えてくれた住宅営業の方がいました。もちろん、受注に至らない案件に労力を費やしすぎるのは、効率的とは言えませんが、施主の目線に立てば、初期段階のプレゼン資料でその会社の印象が決まります。初期段階のプレゼン内容が受注率を大きく変えると言って過言ではないのです。私に話をしてくれた住宅営業の方も、そのことで悩んでいたようでした。

様々な建築会社の方々とお話をしている内に、これは多くの建築会社様の共通の課題であることに気づきました。受注率の高い案件については、時間・労力・費用のコストをかける価値があると考えるのは自然な話ですが、「まだわからない」という段階では、失注リスクが大きく見えてしまい、これらのコストを掛けられない結果、受注率向上に伸び悩む という問題や課題を抱えている建築会社、設計者、営業が多いということでした。

そこで私たちが思いついたのが、様々な土地形状や家族構成に対応できるプレゼン資料の「アイデア」を数多くパターン化し、用意することです。ある程度の規模の会社になると、自社の「規格プラン」があるのと似ていると思います。

もちろん、どんなに間取りのパターンや規格プランがあったとしても、施主の家族構成や趣味、将来設計によって、打ち合わせをしながら理想的なプランに近づけて変更を行ったり、場合によっては失注したりすることも考えられるため、労力削減や受注率向上を約束できるものではありませんが、この戸建プラン・アイデアブックの図面やパノラマVRデータが存在することで、プレゼン初期のコストやリスクを最小限に抑えながら、施主の要望を具体的に拾い上げ、施主の家づくりの意欲を高めていく使い方が出来るのではと考えています。

施主は目の前に図面があれば、部屋数や形状、大きさの要望を具体的に表現できますが、例えば何もない状態から理想の間取りを描くことは難しく感じるでしょう。同じように、パース画像が無ければ、窓の高さやキッチンから見える景色に具体的な要望は出せないでしょう。
だからこそ”最初の1回目”は、設計する方や営業の方が、施主に代わって間取りを考え、様々な方法で提案していると思います。そして、打ち合わせの中で施主の理想に近づけるために、間取りや仕様に変更を加えているはずです。

戸建プラン・アイデアブックは、その”最初の1回目”を強力にアシストすることを主な目的としています。
高品質なパース、パノラマVRの掲載されたプレゼンボードで、具体的な完成イメージを提案し、施主にとっての「これが良い」「これが良くない」という具体的な要望を拾い出す機会を作ることで、次回以降の打ち合わせに繋げ、施主にとっての理想の家づくりと、建築会社の競争力・受注率向上をアシストします。

戸建プラン・アイデアブックは、以下のルールを意識しながら開発を進めています。
競合他社を圧倒する品質の資料(プレゼンボード)にし、施主名の変更等、簡単な作業だけで印刷して使えること。
間崩れを出来るだけ無くし、耐震性能を確保しやすい間取りにすること。
生活導線の快適性、楽しめるデザインを考慮して、パノラマVRで視覚的に施主の印象に残るよう、作り込んでおくこと。
プレゼン資料は使用者の意向で簡単に編集出来ること。
時代の流れに合わせて永続的に更新されていくこと。

2018年10月現在は101プラン公開中、追加で134プラン整備中です。
私たちは皆様の様々なご意見を頂きながら、これからも更新と開発を続けてまいります。